カテゴリー「風の人・土の人」の記事

きょうは沖縄慰霊の日。

Okinawasennniikite

調布時代、市民活動をともにした友人・山本豊さんのお父さん・山本義中さんが書かれた本『沖縄戦に生きてー一歩兵小隊長の手記ー』(87.10.20、ぎょうせい刊)。
庭先から執筆中の山本さんにご挨拶した時のお姿は記憶に残っている。
ぼくの父は悪名高き「治安維持法」が制定施行された1925年生まれですが、山本さんのお父さんは4歳上。
父は海軍兵として南方に送られ、敗戦、捕虜生活を経て帰国。帰国後マラリアの療養を経て、連合軍統治下警察・消防が分割された東京消防へ。
大半を救急隊員として人命救急にあたった。
山本さんのお父さんは、陸軍兵として中国へ、そして、昭和19年には沖縄に転戦され、歩兵小隊長として戦車砲に撃たれて重傷。左手を失われた。
復員は敗戦1年半後。繊維会社の社長をされた後、東京都教育委員会職員として障碍者教育、福祉で尽力されたと豊さんから折々に聴いていた。
愛新覚羅 溥儀さんの弟・溥傑さんとも長らく親交があったと聞いている。
生涯を通して慰霊の旅も続けられた方だった。
調布駅前真光書店員時代、店先でよくお見かけした、ゲゲゲの水木しげるさんとは同じ町内。戦地で片手を無くしたもの同士、いろいろ話したと聞く。

豊さんからいただいたお父さんの著書には、書評欄で取り上げられた1988.1.11の切り抜きを挟んでおいてあった。
鶴見俊輔さんが評された記事だ。
(以下抜粋)
 ’大きな戦争の中で歩兵小隊長の視野は限られている。~~当時の記憶とその後刊行された資料のうらづけにもとづくこの記録は、これまでの私の読んだ戦記の中で、きわだった作品である。~~小隊長の眼の高さからは、部下のひとりひとりがその人柄とともにおぼえられる。戦死は、ひとりひとりの生命の終わりとして心にきざみこまれる。そこが、司令官や参謀の戦記とのちがいだろう。しかも配属された現地の女学生について、こういう人々を負けると決まっている戦闘にまきこんでよいのかといううたがいがはじめからあって、この戦記に奥行きをあたえる。~~
米軍の上陸作戦がはじまって日本軍の敗北を前にした日、山本少尉が中隊本部をたずると、「女学生達五人が雀の子みたいに並んで座っていた。こんな十四、五歳の少女まで戦争に巻き込み、自分の国で戦う事への不安は、私だけではないはずだ。なぜもっと早く、内地や山原(ヤンバル)に疎開させなかったのだ」。
沖縄の作戦指導に何の影響もあたえなかったこの小隊長の思想は、敗北後の放浪の中で彼を救い、敗戦後の彼の日常を支える。’

いままた、憲法無視の嘘つき安倍自公政権によって、日本が危ない道を歩む瀬戸際に立たされている。
先人の犠牲の上に、長らく平和な時代を生きてこられたぼくたちは、いまを生きる非戦平和を希求する人たちとともに、未来の人たちに対して、より平和な時代を引き継いで行かねばと考える。

連休初日は京王多摩センターへ

80年代に写真集「戦争がはじまる」に出会い、写真家・福島菊次郎さんにお会いし、お話が伺えたらと思ってすでに四半世紀が過ぎた。
タイミングよく連休初日が写真展と講演会があるとういう情報が、世田谷時代の友人から得られ、久々に京王多摩センターのパルテノン多摩に出かけた。
Img_7163

氏も初めてという全写真パネル展!同時代の民衆史とも言える写真の数々に圧倒された。


午後の詩人・ビナードさんとの語り合いは、えっ、と考えさせられる発言もあったが、父より4歳年上の戦争時代を体験してきて、戦後の様々な権力のウソに対峙されて来られた福島さんの発言は、一言一言自分なりに継承していかねばとの想いを新たにしたひと時だった。

主催された実行委員会の方々に敬意とお礼を述べたい。
ありがとう!

阿部多摩市長もぼくより4つほどお若いが、なかなか信念のありそうな方だった。
多摩市に福島菊次郎資料館をつくりたいと話していた。

写真パネル全点は、同市の恵泉女学園大で学長などの発意で保管することになったという。

多摩地域は自由民権運動の発祥地でもある。
ぼくは調布時代、いまから四半世紀前、アパルトヘイト否!国際美術展調布展を友人たちと主催した地域でもある。
あのときも五日市憲法など自由民権運動発祥の地を意識して市民自治活動に取り組んでいた。

今回の実行委員からもそのことが伝わってきた1日だった。

Img_7122


Img_7171

Img_7116


Img_7240


冤罪と邂逅

きょう冤罪事件支援関連のイベントが亀城プラザであったので行ってきた。

内容な狭山事件の被告となっている石井さんを描いたドキュメンタリー映画上映と支援コンサート。
調布時代市民活動の一つとして、友人たちと主宰していたドキュメンタリーフィルムフォーラム「ドキュメンタリー映画をみる調布の会」でも別の冤罪事件のドキュメンタリーを上映し、弁護士等関係者との上映後フォーラムをやったことがあった。
もう20年以上前のことになる。
布川事件を支援していた友人から聞いて支援を初めてから30年。
無罪となった2人のひとり桜井さんが友情出演され、初めてお会いできた。
調布時代、無実を信じて、署名やカンパなどささやかではあるが支援してきて本当によかったと思う。
Img_4356

もちろん事件は終わったわけではない。
証拠をでっち上げ、無実の人間を差別的視点から犯人に仕立て、何十年も自由を奪ってきた、警察・検察・裁判所等の犯罪的行為はまだ裁かれてはいない。
桜井さんは、同じような立場の人を支援しながら、自身もまだ闘い続けておられる。

きょう観たドキュメンタリー「SAYAMA 見えない手錠をはずすまで」だけでも狭山事件も冤罪だとはっきりわかる内容だった。
証拠でっち上げ、法務省や司法関係機関による犯罪的行為の継続。
これも許しておいてはいけないことだと考える。

また、調布時代友人たちと起業した地域福祉NPO「調布を耕す会」の市民参加型事業の一つとして担当し、毎年開催していた’それはおしゃれなコンサート’の第2回(ちょうど20年前)に出演いただいた小室等さんとも、別の場所でもお会いしてきたが、きょう久しぶりに再会し、公演後少し立ち話ができた。
Img_4361

今日は本当にいい日だった。

旧知の友

毎日新聞で記者をしている友人からメールが届いた。
「ちょんみさんも出られる会があるの知ってる?
チケットは手配しました。友だちを連れて行きます」
とのこと。

ぼくは知らなかったのであわててサイトを見た。
朴慶南(パクキョンナム)さんの『私たちは幸せになるために生まれた 改訂文庫版』出版記念会ではないか。
ちょんみさんもそちらで歌うという。
二人とも友人が住職をしている松本市浅間にある禅寺・神宮寺で90年代初めて会った。
ちょんみさんには調布のクッキングハウスを借りて主催したコンサートに出演してもらったことがある。
また、ビデオ記録を頼まれて、隣町の三鷹市へ出向いたことも。
それと現松本菅谷市長の第1期目の選挙を住職の友人から依頼されて、寺に逗留しながら手伝った時には、応援コンサートを選挙期間中松本で開催したことも。

ぼくもすぐに東京琉球館にメールで申し込んだ。

OKということだったので今日駒込に行ってきた。

昼間は時間があるので、駒込から巣鴨界隈を散策して、夕刻まで時間をつぶした。
目黒生まれだが、5歳で土浦に越したため、大学で調布に住むまで東京にはあまり縁がなかった。
調布での30年の暮らしで、仕事で都心に通っていた時期もあったが、駒込駅には初めて降りた。

駒込から巣鴨を巡り、駒込まで歩いたが、ちょうど六地蔵尊のまつりもあってか、おばあちゃんの原宿といわれるとげぬき地蔵までの通りは大変混んできた。
まち歩きについてはまたにして、夜の出版記念会では、定員オーバーの盛況でとても楽しい会だった。

しかし、慶南さんのお話は日本の現況を厳しく語られていた。
在日の方々が、いわゆる在特会などのヘイトスピーチや排斥行為でつらい思いをされているというのだ。
関東大震災の折もデマに煽られた日本人が、どれだけ在日の挑戦の方々を虐殺したか。

ぼくも1日遅れ生まれの安倍首相になってからさらに日本がおかしくなってきていると考えていたので、身近なところでこうした話を聞くと心が痛んだ。
終了後の懇親会にも残ったが、おられた在日の方がたのつらい体験をまたお聞きして、日本を変えていかねばと感じさせられた。
障碍のある市民の方々との交流が長いぼくにとっては、少数者、異質なものへの寛容さのない日本を情けなく思うのだ。
島国根性というか、それだけ異質な者との交流がなかったということだろう。

ちょんみさんはつくば市のコーヒー&ランチ 啄木鳥 (きつつき)コーヒー&ランチ啄木鳥(きつつき)に呼ばれてコンサートをされたことがある。
先を越された感はあるがぼくの方でもこちらで主催して来てもらいたいと思っている。

Img_4249
イ・ジョンミさん(左)とパク・キョンナムさん

Img_4259
ちょんみさんと

きょうはお江戸

地図地理地形好き大集合の超人気地図地理地形エンタメトークイベント 『地図ナイト9~手描き地図の夕べ~』が、ニフティ株式会社運営のイベントハウス「TOKYO CULTURE CULTURE」でよる開催されるので参加してきます。
せっかくですからたま~の東京ぶらぶらしようと思います。

糸賀一雄さん

20代の終わり、社会福祉を学んでいる中で障碍者福祉の中では必ず出てくる方だった。
今年は生誕100年。それを記念したサイト「生きることが光になる」が公開されている。

前にも書いたが「この子らを世の光に」という有名な言葉を残された方だ。
この子ら’に’世の光’を’ と当事者を客体としてではなく
この子ら’を’世の光’に’ と主体として尊重されている。

どんなに重い障碍があろうとも、その一人一人の生きている存在そのものが、私たちの社会に影響を与える存在(現存在)だと教わったような気がする。

調布時代1992年、友人たちと「障碍のある人もない人も ゆたかに ゆかいに ゆうゆうと生きられる社会づくり」を目指して、地域福祉NPO「調布を耕す会」(現 社会福祉法人)を創設し、身体を壊して辞めざるを得なくなるまで10年ほど役職員として働いたとき、ぼくが社会福祉の学びの中で影響を受け、実践時に力になった一人だ。

糸賀一雄生誕100年記念論文集」がネットから読める。
350Pものあるがもう一度、ぜひ読まなくては!

うわさのGoogle Glass!!

住民ディレクター仲間があの!Google Glassを入手し、水戸偕楽園の梅まつりを取材しました。

八百万ひとch(vol.57)「GoogleGlass」~日本上陸!グーグル・グラス撮影映像~

まさにウェラブルコンピューター 身体ビデオカメラ(^^)/

シリーズ「世田谷の障害者当事者運動から学ぶ」

久々に世田谷時代の仲間たちに会ってきた。
設立準備段階で会則づくりを手伝った「自立生活センター HANDS世田谷」主催の標記セミナーに参加した。

ゲストの碓井英一さんの話をこうしてじっくり伺うのは初めてだったろうか。
ぼくの知らないことをまた多く学ぶことができた。
世田谷区立総合福祉センターに入るのは20年ぶりぐらいだった。
1

3

2


大村虔一さん逝く

世田谷の友人からの情報によると、プレーパークを日本に紹介、導入され、羽根木プレーパークなど実現の立役者だった大村虔一さんが亡くなられたという知らせでした。
世田谷時代、私も大村ご夫妻にはお世話になりました。

合掌

河北新報
http://www.kahoku.co.jp/news/2014/01/20140107t13009.htm

友人からのメール NIE

昨日、毎日新聞の城島さんからメールがあった。
最近出版された「新聞活用最前線」城島徹著(清水書院、1575円)についての記事紹介だった。
ぼくが長野赴任中知り合った彼とは、公私ともに付き合っていた。

NIEの書籍の熊本日日新聞の記事です。共同通信の配信記事で全国の地方紙で掲載されているところです。もしかしたら参考になるかもしれないので、心当たりの先生にお知らせしていただけたらうれしいです」

とのことなので紹介させていただきます。

より以前の記事一覧