« なんと雪交じりの雨 | トップページ | きょうは沖縄慰霊の日。 »

常陽新聞[ペンでつながる心のタスキ]

昨日の常陽新聞コラムに依頼された原稿が掲載されましたのでこちらにも転載!

[ペンでつながる心のタスキ]

大脇正昭さん 市民参画で「まちを耕す」
Photo

2015年04月27日16時00分
ひと 土浦

 7年前、33年ぶりに土浦に戻り、まず一会社人と別に一社会人として参画した活動が、「誰もが、いつでも、どこへでも、一人でも出かけられる〝まち〟づくり」を目指す「土浦バリアフリーネット」でした。

 土浦市は住民提案による「バリアフリー基本構想」を策定した全国初の自治体です。提案主体は「土浦バリアフリーネット」の当事者たちです。これは誇っていいことです。

 東京暮らしの間は、地域社会で障がいの有無を問わず、ともに暮らしていける〝場〟や〝しくみ〟を作っていこうと、仲間たちと創設した地域福祉NPO「調布を耕す会」のスタッフ、また一市民として活動していました。

 土浦でも障がい当事者の方たちと出会い、活動を共にできてうれしいです。会は、基本構想策定後も市の担当部局と定期的に話し合い、協働しながら、まちのバリアフリー化に取り組んでいます。

 いま土浦市は駅周辺の再開発など、まちが大きく動き始めました。まちづくりの主人公は市民一人一人です。計画初期だけではなく、事後も、情報公開・共有のもと、参画・協働しながら、楽しくまちを耕していけたらいいなと思っています。
(土浦市、土浦バリアフリーネット会計監査)

« なんと雪交じりの雨 | トップページ | きょうは沖縄慰霊の日。 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1801/61506084

この記事へのトラックバック一覧です: 常陽新聞[ペンでつながる心のタスキ]:

« なんと雪交じりの雨 | トップページ | きょうは沖縄慰霊の日。 »