« マンガのちから | トップページ | ノーベル物理学賞 »

長野の帰りは

青森廻り(^^ゞ
長野駅発、朝8時26分の新幹線あさまで大宮へ、東北新幹線はやぶさに乗換え、一路奥州路を終点・新青森駅まで行き、さらに青森までスーパー白鳥で1駅。

台風の影響で雨のため、駅前の観光案内センターに行っただけで、駅ナカで昼食とお土産の買い物を済ませ、目的の「青い森鉄道」で八戸まで戻った。
延々と続く農村、漁村風景。暮らしは大変だろうなぁ、と車窓から。
すでに車内には暖房が入っていた。
写真は小湊駅と小湊を過ぎたころの運転席と前方の風景。


2両編成のワンマンカータイプの第三セクター電車。時間が許せば八戸から盛岡まで銀河鉄道に乗り継ぎたかったが、関東は台風の被害影響が出ているようで帰りが心配されるので、八戸からまた新幹線で上野に戻り、上野から土浦まではフレッシュひたちで帰ってきた。
各駅に遅延が出ていて、特急の出発は時間通りだったが、途中つまりがあり15分遅れで20時30分頃土浦着。

信州ー武州ー上州ー奥州路を巡り、常陸の国へと12時間の鉄路旅だった。

おもしろかった。(^J^)Img_4782


Img_4784


Img_4783


« マンガのちから | トップページ | ノーベル物理学賞 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1801/60440218

この記事へのトラックバック一覧です: 長野の帰りは:

« マンガのちから | トップページ | ノーベル物理学賞 »