« 「地球の歩き方」と歩く海外旅行自由化50年 | トップページ | しあわせ信州 »

この子らを世の光に!

京都に知的障害児施設「近江学園」(湖南市)などを開設し、障碍者福祉に一石を投じた糸賀一雄さん!
今年生誕100年ということで、地元京都新聞が特集を連載しています。

「糸賀一雄生誕100年「世の光に」はいま」
http://www.kyoto-np.co.jp/info/shakai/itoga/

ぼくも社会福祉を学んだ時、著書を読み多くを学びました。

この子ら世の光! 
この子ら世の光!ではない。
当事者主体、「に」と「を」の置き場所の違いに糸賀さんの信念を感じる。

障碍のある人もない人も ゆたかに ゆかいに ゆうゆうと 生きられる地域社会づくりを目指して、友人たちと立ち上げ、身体を壊して退職するまで、事務局長をしていた地域福祉NPO 「調布を耕す会」も通じます。

« 「地球の歩き方」と歩く海外旅行自由化50年 | トップページ | しあわせ信州 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1801/59405137

この記事へのトラックバック一覧です: この子らを世の光に!:

« 「地球の歩き方」と歩く海外旅行自由化50年 | トップページ | しあわせ信州 »