« 「かつや」が東真鍋町にあすオープン | トップページ | 父をつれて水郷公園とスーパー銭湯へ »

きょうは 亡き母の誕生日

1925年4月25日生まれだった母は、3年前の3.11を体験せずに、2011年明けの2日に86歳を前に静かに人生を閉じた。
甲府に生まれ、産後の肥立ちが悪く生みの母親が無くなり、すぐ養子に出され松本で育った母は、養父母が5歳の時に亡くなり、実家に戻されたそうだ。
しかし、父親が再婚していて、後妻に疎まれ、小2のときに製糸工場に出された。今でいうタコ部屋だ。女工哀史に描かれた世界だ。
親戚の人が見るに見かねて、出してもらったが、また、松本に養子に出されて、25歳で結婚するまで松本の置き屋で育った。
戦時中、神社で好きだった歌を歌っているときに憲兵に咎められ、びんたされ、右の鼓膜を破られたそうで、生涯片耳の聞こえが不自由だった。
70歳でパーキンソンが発病。以降、脳梗塞も相まって亡くなるまで不自由な生活を送っていた。

実の両親が家柄の違いからか姑とうまくいかず離婚し、乳児院に預けられていたぼくを養子に向かい入れ、育ててくれた母。
大学で東京に出て以降、生き方を変え勝手に生きてきたぼくは、母に何もしてやれなかったなぁ、といまでもすまなく思っている。

今日が巡ってくるたびに、残りの人生をどのように生きるべきか、改めて考えさせられる。


« 「かつや」が東真鍋町にあすオープン | トップページ | 父をつれて水郷公園とスーパー銭湯へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1801/59527612

この記事へのトラックバック一覧です: きょうは 亡き母の誕生日:

« 「かつや」が東真鍋町にあすオープン | トップページ | 父をつれて水郷公園とスーパー銭湯へ »