« 東大は広かった | トップページ | きょうは耳の日 »

もうすぐ父の誕生日

1925年生まれの父が、もうじき89歳になる。大正・昭和・平成、太平洋戦争では海軍で志願兵としてナウルに行き、そこで敗戦、連合軍の捕虜生活も体験している。
現在の日本は、靖国に祭られた亡くなった人だけではなく、障碍を負う負わないに関わらず、生き残られた戦闘員、非戦闘員を問わず多くの人たちの復興の努力の上に成り立っている。

残念ながら同い年のアホな人間が首相になっている現在、改めて父を通して、自分自身の生き方を通して考える。

« 東大は広かった | トップページ | きょうは耳の日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1801/59235832

この記事へのトラックバック一覧です: もうすぐ父の誕生日:

« 東大は広かった | トップページ | きょうは耳の日 »