« 進む京王線ホームドア設置と古巣・調布駅の地下化 | トップページ | 土浦市新庁舎整備事業に係るバリアフリー意見交換会に参加しました »

やきとり川上

先週末、調布市に行った帰り、調布に住んでいた時に主に手話サークルの仲間たちと行っていた’やきとり川上’に連れ合いと寄ってきた。
写真の許可をもらったので、記念にかつてほとんど飲んだお酒のメニューなどを撮らせてもらった。
川上のおやじさんは蔵元と丁寧な縁をつくり、ワンランク上の銘柄を置いていた。

ぼくは量を飲むわけではないが、日本の食文化であるお米を大切にしたいと考えているので、楽しみたいと思っている。
川上の親父さんにはカウンターで飲みながらお酒についていろいろ教わった。勉強になった。
「夏子の酒」のモデルになった久須美酒造’亀の翁’と出会ったのもこの店だ。
先日土浦でもモール505の酒屋で扱っていることが分かり買い求めた、山口県岩国市の旭酒造の酒’獺祭’も川上に置いてあったことに気付いた。
ぼくは下越の宮尾酒造の’〆張鶴’をよく飲んでいた。


Dsc01485

Dsc01487

Dsc01488


Dsc01489
酒のつまみに愛媛県宇和島直送のじゃこ天がこれまたいい。
今回はじめてゆず豆腐のみそ漬も頼んでみた。これまた連れ合い曰く絶品だった。

« 進む京王線ホームドア設置と古巣・調布駅の地下化 | トップページ | 土浦市新庁舎整備事業に係るバリアフリー意見交換会に参加しました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1801/56699430

この記事へのトラックバック一覧です: やきとり川上:

« 進む京王線ホームドア設置と古巣・調布駅の地下化 | トップページ | 土浦市新庁舎整備事業に係るバリアフリー意見交換会に参加しました »