« もと自民党議員たちのこまりもん続出? | トップページ | ちょっとあせった »

ここにもデジタルデバイド

常陽新聞WEB記事に取手避難所が5月末で閉鎖されるという記事があった。

以下一部引用・・・・
●取手避難所が今月末で閉鎖
南相馬市への帰宅者は2割
東京電力の福島第1原発の事故で、同県南相馬市などから120人が避難していた取手市白山の取手競輪場選手宿舎の避難所が5月末で閉鎖となる。19日現在の避難者は半数の57人。閉鎖後は、4割が取手や龍ケ崎市内の民間アパートや雇用促進住宅、URの集合住宅などに転居し新しい生活を始めるほか、4割が次の避難先となる水戸や日立、つくば市などのホテルや旅館に移る。南相馬市の自宅に帰宅できるのは2割にとどまるという。
・・・
避難所では食事なども無料で提供されたが、転居後は家財道具を自分でそろえ、食材も自分で購入しなくてはならない。
・・・・・
避難所の閉鎖により、2カ月間、互いに支え合って生活してきた120人はばらばらになる。・・・
国民健康保険証の期限が切れたときの手続きはどうするのかなど、今後は市のホームページ(HP)で情報をチェックし、必要書類などはHPからダウンロードして手続きをしなくてはならないという。

・・・

必要な手続き情報はネットからしか取れない。パソコンがないなら身近な公共施設のパソコンを開放すれば済むかもしれないが、ネットを使えない人もいるだろう。
そうした人たちが取り残される、新たなデジタルデバイドが、避難民の方々を多重債務のように襲う!
土浦におられるのなら直接お会いし、いろいろとお話しを伺い、お手伝いできるのだが・・・。

« もと自民党議員たちのこまりもん続出? | トップページ | ちょっとあせった »

ICT」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

自治・社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1801/51720560

この記事へのトラックバック一覧です: ここにもデジタルデバイド:

« もと自民党議員たちのこまりもん続出? | トップページ | ちょっとあせった »